本田真凜の金持ちの父の仕事は?家族の住む自宅は京都のどこだ?

日本の女子フィギュアスケート界で大人気の「本田真凜」ちゃんを知ってますか?

本田真凜ちゃんは全日本選手権でも4位に入り、世界ジュニアフィギュア選手権大会では優勝するほどの実力の持ち主なんです。

 

そんな本田真凜ちゃんがフィギュアスケートを始めたのは2歳の時。

ずいぶん小さい頃から始めてたんですね!

 

本田真凜ちゃん以外にも姉と兄と妹2人がいますけど、その内4人がフィギュアスケートをやってるんです。

ここで皆さん気になるのは、子供4人にフィギュアスケートを習わせることのできるお父さんってどんな仕事をしているのか?

 

また、本田家があるのは京都みたいなんですけど、京都のどこにあるのか気になる人も多いみたいです。

その点についても色々まとめてみました!

Sponsored Link

本田真凜の金持ちのお父さんは仕事は何やってるの?

大人気のフィギュアスケーターである本田真凜ちゃんのことをあまり知らない人のために、少しだけプロフィールを紹介しますね。

 

名前:本田真凜(ほんだまりん)

誕生日:2001年8月21日

出身:京都府京都市

身長:161cm

趣味:おかし作り

憧れの選手:荒川静香

 

本田真凜 父

 

とても背が高いのが意外でした。

もう少し背が低いかと思ったんですけど、私が追いつかれそうです(笑)

 

さて、お金持ちであろうお父さんの仕事は何かということの前に、フィギュアスケートを習わせることにいかにお金がかかるかを説明しておきますね。

 

これを知ることで、「絶対、本田家金持ちじゃん!」という事が分かると思います。

 

一般的にフィギュアスケートを真面目に日本の頂点を目指すような取り組み方でやる場合の費用を出しますね。

 

当然必要なのが、

○スケート靴 数十万円

○衣装代 数十万円

 

これらは必ずかかってきますよね。

さらに、遊びではなく真面目に取り組むには振付師やコーチとの契約も必要になります。

 

そうなると、大体年間で500万円近くはかかると言われてますね。

 

単純に4人にそれだけの経費がかかっているとしたら、年間2,000万円です!

トップスケーターは1人で年間2,000万円くらいかかるようなので、とんでもない額ですね。

 

ここまで、フィギュアにはやばいくらいのお金がかかることは理解してもらったと思います。

肝心のお父さんの仕事は何かという答えですが、具体的な社名とか公にしたとかではないです。

 

そこをご理解頂いた上で、導き出した答えは!

 

役員クラスのサラリーマン

 

とのことでした。

色々WEB上での情報を探しまくった結果、この結論に至りました。

 

年間2000万近くをフィギュアの費用をかけているのだとしたら、当然このくらいの地位の方でないと難しいでしょうね。

実際、お母さんは子供たちのフィギュアのサポートをするために専業主婦だそうです。

 

これは、お父さんの収入がものすごい事は確定ですね(笑)

これだけ子供に好きな事をさせてくれているので、結果という最高のプレゼントをして欲しいですよね。

Sponsored Link

本田真凜の家族が住む自宅は京都のどこにあるの?

本田真凜ちゃんや家族が住む自宅は京都のようなんですけど、京都のどのあたりなのでしょうか?

もちろん、詳しい番地まではさすがに分かりませんがここまでは分かりました!

 

京都府京都市伏見区

 

ここが本田真凜ちゃんの家族が住む自宅がある場所ですね。

ちなみに京都市伏見区はこの辺です。

 

 

ここのどこかに本田真凜ちゃんは住んでます!(笑)

まあ、探す人はいないと思いますけどね。

 

【関連記事】

→本田真凜と本田望結と本田紗来がテレビで共演!可愛い姉妹の画像も!

→本田真凜のおしゃれでかわいい私服のブランドは?CA衣装画像も!

 

さて、今回はフィギュアスケート界のスーパーヒロイン本田真凜ちゃんを調べてみました。

普段テレビだけでフィギュアスケートをしている姿を見ている人たちにとっては、中々費用がどれくらいかかってるとか知ることは少ないですよね。

 

今回調べてみて、本当にフィギュアスケートにはお金がかかるんだなって知ることが出来ました。

本田真凜ちゃんが楽しくスケートを滑れるのも、それに費用を惜しまないお父さんの努力があるんだってことは忘れてはいけないことです。

 

子供たちの活躍を望んでいるお父さんに少しでも良い結果を見せられるように本田真凜ちゃんには頑張って欲しいですね。







2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。