3月のライオンの二階堂にモデルがいた!映画のキャストと主題歌は誰?

「3月のライオン」って知ってますか?

羽海野チカさん原作の将棋を題材とした漫画ですね。

 

【関連記事】

→りゅうおうのおしごと!がアニメ化で放送日はいつ?原作との違いは?

 

羽海野チカさんと言えば、「ハチミツとクローバー」も有名ですよね。

アニメにもなりましたし、実写版映画も公開されました。

 

3月のライオンは2007年から「ヤングアニマル」で連載中なのですが、休載が多くて不定期連載みたいになってるようですね。

ハチミツとクローバー同様に、3月のライオンもアニメと実写版映画が制作されています。

 

大人気の漫画ですから色々気になることも多いですよね。

そこで今回は、3月のライオンの二階堂にはモデルがいたことや実写版映画のキャストと主題歌について調べてみました。

Sponsored Link

3月のライオンの二階堂にはモデルがいた!

3月のライオンの登場人物で人気キャラクターの一人が「二階堂晴信」ですよね。

 

3月のライオン 二階堂

 

 

主人公の「桐山零」を終生のライバル”心友”としている二階堂ですが、彼のキャラクターには実はモデルがいたようなんです。

 

そのモデルと言われている人物が、

 

村山聖

3月のライオン 二階堂

 

二階堂と故・村山聖さんとの共通点があることがその理由なんです。

腎機能の低下によるふくよかな体型と病弱の体、そして何と言っても将棋が強い。

 

実際に、3月のライオンの監修をしている仙崎学さんは単行本の解説の中でこう言っているんです。

“モデルが誰かというのは難しいけど、二階堂は亡くなった村山聖さんと似ている”と指摘していました。

 

非公式ではあるけれど、村山聖さんがモデルだというのはほぼ当たっているのではないでしょうか。

村山聖さんは29歳という若さでガンのために亡くなられていますが、漫画の中で自分が描かれていると知ったら嬉しいんじゃないですかね。

Sponsored Link

3月のライオンの実写版映画のキャストは誰?

3月のライオンは先行しているアニメ版に続き、実写版の映画も公開されます。

映画版のキャストが誰になったのか気になりますよね。

 

それでは、主要キャストが誰になったのか紹介しましょう!

 

桐山零/神木隆之介

3月のライオン キャスト

 

主人公の桐山零は神木隆之介さんでした。

漫画原作の映画には多数出演している神木隆之介さんですし、原作のファンとのことで期待できるんじゃないでしょうか。

 

幸田香子/有村架純

3月のライオン キャスト

 

主人公の桐山零を引き取った幸田家の長女である香子は有村架純さん。

零には憎しみにも似た感情を出す難しい役どころですが、どんな演技をしているのでしょうか。

 

川本あかり/倉科カナ

3月のライオン キャスト

 

零を受け入れてくれる川本家の長女あかりを演じるのは倉科カナさんです。

両親がいない家庭で妹の母代わりとして頑張っているあかりの演技に期待大ですね。

 

二階堂晴信/染谷将太

3月のライオン キャスト

 

零のライバルである二階堂には染谷将太さん。

原作ではふくよかな体型ですが、染谷将太さんはかなり細身では?と思ったら特殊メイクで見事に二階堂になりました(笑)

 

この他にも大物俳優がキャスティングされて、3月のライオンの実写映画版はかなり良い出来になっていると言えます。

漫画からどこまで実写で再現されているのか、楽しみですよね!

3月のライオンの実写版映画の主題歌は誰?

3月のライオンの実写版映画にはもちろん主題歌があります!

そして、実写版映画は前編後編の2部構成になっているため、主題歌も別々になってるんですよね。

 

前編の主題歌は・・・

 

ぼくのりりっくのぼうよみ「Be Noble(re-build)」

 

「ぼくのりりっくのぼうよみ」がアーティスト名ですよ(笑)

スピッツのロビンソンみたいなのを思い出しました(古すぎますね)

 

「ぼくのりりっくのぼうよみ」さんは若き天才とも呼ばれるアーティストで、高校3年の時にメジャーデビューをした逸材なんです。

 

そして、後編の主題歌が・・・

 

藤原さくら「春の歌」

 

藤原さくらさんも若き天才の一人と言っても良いかもしれません。

天性のスモーキーヴォイスで聞く人を魅了する藤原さくらさんの歌声はまさに天才です。

 

前編後編共にとてもいい楽曲を持ってきたと思いませんか?

主題歌も映画の一部なので、すごくセンスある曲で原作ファンも納得なのではないでしょうか。

 

さて、今回は大人気漫画「3月のライオン」についてまとめてみました。

漫画のみならずアニメや映画にもなった3月のライオンの勢いは留まることを知りませんね。

 

将棋という漫画としてはなかなか大成しにくい題材だとは思うんですけど、ここまで人気になるのは作品の魅力の賜物だと思います。

まだまだ連載中の3月のライオンですが、アニメとそして実写版映画と楽しみは尽きませんね!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。