警視庁いきもの係の主題歌(by超特急)の歌詞・メンバーやダンス振付まとめ!

警視庁いきもの係 主題歌

 

フジテレビのドラマ「警視庁いきもの係」の主題歌とダンス動画で話題沸騰中ですね!

エンディングにダンスをするっていうのが逃げ恥の恋ダンスをパクってるなんて話もありますけど、そんなの関係ないっすよ(笑)

 

楽しく明るい主題歌に楽しそうなダンス、それだけでいいじゃないですか!

というわけで、警視庁いきもの係のエンディングで流れている主題歌を歌う超特急のことやその歌詞の詳細を調べて見ますね。

 

もちろん、その時に踊っているダンス動画も紹介しますよ。

恐らくこれも気になっちゃうと思うんですけど、このダンスって振付誰なんでしょうか?

まだ明らかになっていない警視庁いきもの係のエンディングダンスの振付。

 

もしかしたら、岡崎体育なんじゃないか?

という意見が多いようなので、その根拠なんかについてもまとめていきましょう。

 

それでは、警視庁いきもの係の主題歌やダンスについて調べていきますね。

スポンサーリンク

警視庁いきもの係の主題歌は超特急!

まずは、警視庁いきもの係の主題歌を歌っているのが誰なのか?

歌っているのは・・・「超特急」というダンスボーカルグループです!

 

この超特急というユニットなんですけど、今かなり注目されているグループなんですよね。

僕は男性の若手ユニットは全然詳しくないので正直な話、超特急を知りませんでした。ファンの方すみません!

 

というわけで、僕のように超特急を知らない世代の人のために超特急のプロフィールを紹介しますね。

まずは超特急というグループはスターダストプロモーションという芸能事務所に所属している俳優やタレントで構成された「EBiDAN」の選抜メンバーなんです。

 

・・・EBiDANって何?って当然なりますよね〜(^^;;

 

はい、説明しましょう!

EBiDANというのは、スターダストプロモーションという芸能事務所に所属している若手の男性俳優やタレントで構成されたアーティスト集団のことで、「恵比寿学園男子部」の略のことですね。

 

自分で説明していて何のこっちゃ?って感じですけど、要は芸能事務所の若い男子を集めた選抜メンバーみたいな感じでしょうか。

 

で、さらにその中から選りすぐりのメンバーを集めたのが、「超特急」というわけですね。

大体分かってもらえたでしょうか?

 

では、この超特急のメンバーを一人一人紹介していこうと思います。

それぞれ特急という電車に掛けて「〜号車」とかイメージカラーが付いていてももクロを意識?とか色々言いたいことはあるかもしれないですけど、素直に受け入れましょう(笑)

 

警視庁いきもの係 主題歌

 

1号車 コーイチ/吉野晃一(よしのこういち)

生年月日:1994年6月18日

血液型:A型

出身:奈良県

担当:BACK VOCAL/お父さん担当

イメージカラー:黒

 

2号車 カイ/小笠原海(おがさわらかい)

生年月日:1994年9月27日

血液型:O型

出身:神奈川県

担当:MAIN DANCER/神秘担当

イメージカラー:青

 

3号車 リョウガ/船津稜雅(ふなつりょうが)

生年月日:1994年10月23日

血液型:O型

出身:神奈川県

担当:MAIN DANCER/ガリガリ担当 現リーダー

イメージカラー:紫

 

4号車 タクヤ/草川拓弥(くさかわたくや)

生年月日:1994年11月24日

血液型:A型

出身:東京都

担当:MAIN DANCER/筋肉担当

イメージカラー:緑

 

5号車 ユーキ/村田祐基(むらたゆうき)

生年月日:1995年1月2日

血液型:AB型

出身:徳島県

担当:MAIN DANCER/ドジっ子担当 初代リーダー

イメージカラー:赤

 

6号車 ユースケ/福田佑亮(ふくだゆうすけ)

生年月日:1995年12月24日

血液型:B型

出身:神奈川県

担当:MAIN DANCER/元気担当

イメージカラー:黄

 

7号車 タカシ/松尾太陽(まつおたかし)

生年月日:1996年9月23日

血液型:A型

出身:大阪府

担当:BACK VOCAL/末っ子担当

イメージカラー:純白

 

8号車 ファン

イメージカラー:ピンク

 

それぞれのプロフィールを見ていると、〜担当とかイメージカラーとか決めていてアイドルちっくなんですけど、実は超特急はアイドルではないらしいんですよね。

 

元々のアーティスト集団であるEBiDANがアイドルではないと言っているので、まあそういうことにしておきましょう(笑)

でもこの超特急というユニットは結構只者ではないですよ。

 

それは超特急の略歴を見ると、ポッと出のアーティストではないということが分かると思います。

超特急がデビューしたのは2012年6月10日で、インディーズデビューをしたのが始まりなんです。

 

もう5年前にデビューしているのでだいぶ下積みも積んでいる印象ですね。

インディーズでありながら、2013年7月17日には「ウルトラマンギンガ」のエンディングテーマとして「Starlight」をリリースして週間チャートで1位になるんです、すごいです!

 

2015年にはフジテレビのドラマ「探偵の探偵」の主題歌として「Beautiful Chaser」が起用されて注目されました。

また、続いてリリースした「Yell」もフジテレビのドラマ「お義父さんと呼ばせて」の主題歌になるなど、勢いは増すばかりでした。

 

そして、2017年4月26日に1年ぶりにリリースした「超ネバギバDANCE」が超特急初であり、EBiDAN史上初のオリコンのデイリーとウィークリーの両チャートで1位という快挙を成し遂げたんです。

これだけでも超特急の凄さが分かってもらえるんじゃないかなって思います。

 

その後、警視庁いきもの係の主題歌として「My Buddy」をリリースするなど、その勢いは止まることを知らないので今後の活躍にも大いに期待できるユニットですね。

スポンサーリンク

警視庁いきもの係の主題歌の歌詞は?

さて、警視庁いきもの係の主題歌を歌っているのは今大人気のユニット「超特急」が歌っているということが分かりました。

では超特急が歌っている「My Buddy」の歌詞はどんな歌詞なのでしょうか?

 

歌詞を見るととても前向きになれる歌詞で、さらに警視庁いきもの係のドラマの内容ともリンクしているので共感できる部分がたくさんありました。

皆さんはこの歌詞を見てどう思うでしょうか?

 

では、超特急のMy Buddyの歌詞をご覧ください!

You are my Buddy
1人じゃ見れなかった世界
僕らしか見れない未来
色とりどりヒカル命の瞬き
感じながら

この星には無数のStory
生き物たちの声に
耳をすませば
大事なのはすぐ側に
あるって言うじゃないか

気づけにゃそれがアンサー
誰かになりたいとか
幸せそうってなっちゃって
そういうことあるけどね
君はいつも君なんだって
僕となら無敵

You are my buddy
1人じゃ見れなかった世界
僕らしか見れない未来
以心伝心無敵とっておきの日々
We are the my buddy
どこでも繋がるテレパシー

お互い照らしあうbuddy
ずっと進化していこう
無限の可能性を感じながら

 

どうでしたか?とっても前向きになれる良い歌詞ですよね。

では、これを踏まえた上で改めて次はダンス動画を見ていただきたいと思います!

 

警視庁いきもの係のダンス動画!振付は岡崎体育?

警視庁いきもの係のエンディングの主題歌を歌っているのは超特急ということは判明しましたよね。

そして、超特急の歌う「My Buddy」の歌詞も分かりました。

 

次に気になるのはエンディングで踊っている振付ですよね〜。

ぶっちゃけ僕はダンスとか全然ダメで覚えられないので、逃げ恥の恋ダンス同様に僕はスルーの方向で行こうとは思うんですけど、やっぱり気になる人は気になると思うんです。

 

逃げ恥の恋ダンスの振付はMIKIKOさんというすごい振付師が振付をしていたんですけど、警視庁いきもの係のエンディングのダンスは誰が振付しているのでしょうか?

【関連記事】

⇒MIKIKOが情熱大陸に!本名やプロフィール!振付やダンサーの経歴も!

 

実は現段階で警視庁いきもの係のエンディングのダンス動画を振付した人の正体は明かされていません

ですので、これは正確な情報ではなくてあくまで予想ということをご理解いただいた上で見てくださいね。

 

色々と情報を集めていくうちに、警視庁いきもの係のエンディングダンスを振付しているのはこの人だ!という人が浮かび上がってきました。

その人物と言うのが・・・

 

岡崎体育さん!

 

えっと、岡崎体育さんを知らないって方も多いみたいですね(笑)

岡崎体育さんは今すごく勢いに乗っているシンガーソングライターなんです。

 

まあ知らない方も多いと思うので、軽くプロフィールを。

 

警視庁いきもの係 振付

 

名前:岡崎体育(おかざきたいいく)

本名:岡亮聡(おかあきとし)

生年月日:1989年7月3日

出身:京都府宇治市

血液型:A型

学歴:京都府立南陽高等学校→同志社大学文化情報学部卒業

 

2016年にメジャーデビューしたばかりの岡崎体育さんですが、全曲自分で作詞・作曲・編曲を行ったアルバム「BASIN TECHNO」が全曲タイアップが無いにも関わらず、オリコン週間アルバムチャートで9位で初登場をし、iTunesのJ-POPアルバムチャートでは1位を獲得するなど大型新人として話題をさらってきました。

 

大型新人としての勢いは止まることを知らず、6月にはJINROのCMソング「割る!」をリリースして自らもCM初出演。

7月にはラジオ番組「岡崎体育のオールナイトニッポンR」を放送と新人らしからぬステップアップで周囲を驚かせました。

 

2017年3月には、「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオ(MUSIC VIDEOという曲のミュージックビデオということです)が、第20回文化庁メディア芸術祭で「エンターテインメント部門 新人賞を受賞するという快挙達成。

 

6月には2ndアルバム「XXL」がオリコンとビルボードの週間アルバムチャートで初登場2位というこれまた快挙を達成します。

 

とまあ、これだけ並べても岡崎体育というアーティストがすごいということが分かっていただけると思うんです。

そして話は戻すんですけど、警視庁いきもの係のエンディングのダンスの振付が岡崎体育さんではないか?という根拠が「感情のピクセル」という楽曲のMUSIC VIDEOに似ているってところから来ているんです。

 

では、「感情のピクセル」というMUSIC VIDEOがどんなものなのかまずは見て見ましょう。

 

 

はい、まずはこれを見て頂いた上で次に警視庁いきもの係のエンディングのダンス動画ですね。

※本物では無いですが振付は一緒だと思います!

 

 

結構ちょいちょち似てる箇所ありましたね。

実際にTwitterなどでも似ているという評価が結構あるようです。

 

 

 

複数の人が似ているという証言をしているので、信ぴょう性の高い情報かもしれません。

まあいずれ誰が振付をしているのかは明らかにされると思いますし、あのダンス動画で踊っている動物の中身は超特急であるということは公式で明らかにされたので、後は振付を誰がやっているのか明らかになるのを楽しみに待つことにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

警視庁いきもの係のエンディングの主題歌は誰が歌っているのかという疑問に関しては、超特急というアーティスト集団が歌っていることが分かりましたね。

アーティスト集団っていうのがあまり聞きなれない言葉ですけど、少なくともアイドルということは否定しているようです(汗)

 

でも超特急はしっかりと下積みも積んで徐々に結果を出して来ているユニットなので、とても立派だと個人的には思いますね。

何号車とかイメージカラーとか付けるのは、まあ人それぞれ考えはあるでしょうけど10代のファンの子たちはそれで共有できる部分もたくさんありますからね。

今後も超特急の活躍に期待したいです。

 

そして、エンディングで踊っている振付は誰がやってるんだ!という疑問に関しては、公式に発表していないだけに予想にはなってしまいました。

ただ、その予想をした岡崎体育さんはミュージックビデオがかなり似ていて信ぴょう性がありそうな情報だったので真相が発表されるのがちょっと楽しみですね。

実際にエンディングに岡崎体育さんも出て来たら面白いな〜と僕は思っています(笑)

 

ではでは、引き続き警視庁いきもの係を皆さんで楽しんで見て行くことにしましょう!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。